スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

終 (未定名)

喜歡被擁抱時的温度。
在那個時候,會讓人覺得自己好像不是孤獨的。

在髮絲間躍動的手指滑過頸項,手臂環住肩膀,感受到熟悉的温暖和那貼在頰邊的氣息。
像犬類一般的摩蹭著,撒嬌似的低吟。
「好無聊啊、好無聊啊!」小孩子般的任性語氣,有些刻意的,加重了下壓的力度。
「很重。」隨口應聲,翻過書頁繼續將注意力放在白的印刷物上。
「我好無聊。」重複的抱怨。
「去旁邊自己找事情做。」
「不要。」
「那就閉嘴。」
「也不要,望書你都不理我。」伸手張開五指按住書頁,孩子性的無理取鬧。
「……,」盯著按的死緊的手掌,望書有拿起桌上的筆戳下去的衝動,但終究只輕嘆了聲,「你想怎樣?」
「不要不理我就好。」嘿嘿的笑著,旭鷹收回按在書上的手,用雙手環抱望書。只是突然的感覺到寂寞罷了,那總是習以為常的寂寞……

スポンサーサイト
2007-01-18 : 碎片 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

狼音

Author:狼音
あだし火炎に身を焚くの 
おろかのわざをまなぶべき

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。