スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

整理不能


那個當下,我什麼都感覺不到,驚愕、慌張或是悲傷...什麼都沒有

只是靜靜的看著他們最後的模樣

直到雙腳開始麻木發軟,無力似的癱坐在地上

好不容易拿出手機按下撥出鍵,卻也只說的出「我在阿鷹家裡」這樣不明所以的字句


------------------------------

一切都像個鬧劇

留著淚的、憤怒的、一臉扼脕眼底卻在嗤笑的

他們想要什麼呢?究竟在爭執些什麼呢

看著這一切的我,又為什麼有被獨自拋下的失落感


------------------------------

他狠狠揍了我一拳之後,就只是站在那邊,一言不發的

直到我嘗試爬起來,才伸手將我扶到床上坐著

擅自打開冰箱拎出冰敷袋用毛巾裹著貼在我發腫的臉頰


擅自攬上我的肩,擅自將不知不覺間睡著的我蓋上薄被,擅自在床邊坐了一夜

從窗簾縫滲進來的陽光,刺的我雙眼發疼


------------------------------

他伸出手貼在我的心口,說


「能不能...在這裡給我個位置?」






(拿石頭砸破自己的腦袋...)

スポンサーサイト

2010-01-31 : 碎片 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

狼音

Author:狼音
あだし火炎に身を焚くの 
おろかのわざをまなぶべき

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。