スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

不明片段 01


輕盈步伐噠噠噠地映在染上水色的地面,小小水花濺起波紋一圈一圈,彷彿無止境的延續,消失在不知名的彼端。


遠方。

銅鈴映著黯淡的色,隨著沉默的步伐,一步,一響。

蒼白纖長的指,在染滿絳紅的園地,拾起散落一地的血花。


「為何嘆息?」隨著波紋到來,年少的聲音問道,暖掌覆上白指傳遞溫度。


「這是我的罪。」氣若游絲,漂亮的眉擰的深深深。


「何人無罪?誰能無悔?沒有人能在一生中不傷害任何人。」


「我不該拋下他們……」


「那些人暸解你的苦。」


「但我無法原諒自己……」


「何苦?迷失的人。捫心自問,最後的期望為何?」


「希望我的兄弟好好活著,願他們過的快樂。」淚,落在瓣上,劃開更多漣漪。


「那就收起悲傷,放下悔恨。」



----------------------

這個原本是想寫什麼啊?(汗)

スポンサーサイト

2010-02-09 : 碎片 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

狼音

Author:狼音
あだし火炎に身を焚くの 
おろかのわざをまなぶべき

最近のコメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。